2016年4月26日火曜日

すべては創作だった、とは?


いつもご愛読頂き、本当にありがとうございます。
とっても嬉しいです。とっても幸せです。
愛溢れるあなたに、心から感謝しております。

すべては創作だった、とは?


宇宙とは、創作です。

すべての宇宙、宇宙のすべては創作なのです。

この最も基本的な概念をあなたは受け入れ、

この最も基本的な概念をあなたは思い出すでしょう。




なぜなら、あなた自身が宇宙そのものであり、

あなた自身が神であり、

あなた自身が根本創造主だったのですから。

そして、あなた自身が愛という存在だったのですから。




宇宙のすべては創作されたものであり、それを創造と言ってます。

ですから、宇宙の愛という普遍的なエネルギーのこと、即ち神のことを、創造主という訳です。




創造主とは、肉眼では決して見えない波動のこと、周波数のことなのです。

それがあなたの本当の姿なのですから。




宇宙のすべては創作された創作作品です。

宇宙の愛の波動によって創られた創作作品です。

そして、あなた自身も、宇宙の愛の波動によって創られた創作作品です。

そして、あなたの人生という名の映画も、宇宙の愛の波動によって創られている創作作品、創造作品なのです。




無限の光は、その本当の姿が光である為、その本質を顕現する為に、創作作品を作り続けています。

それを宇宙の営みと呼んでいるのです。




惑星も創作作品、太陽などの恒星も創作作品です。

月などの衛星も創作作品です。

ある意味、すべてが人工的なものでもあるのです。




ここでいう人工的とは、意識によって形創られる、という意味です。




意識とは、宇宙の愛の無限なる波動、無限なる光のことなのですから。

つまり、あなたの体験している現実、この3次元、或いは、4次元とも表される、物質世界である地球は、

すべてが人工物であり、すべてが創作されたものだったのです。




創作作品が現れる際、それが人間の肉眼で見て、自然発生的に生まれたものなのか? 

それとも、明らかに人間が創り上げたものなのか?

というのは、あまり関係がないのです。

そのこと自体に意味はないし、

どちらも創作作品なのです。




より高次な意識が働くことによって、顕現しているのか?

それとも、低次な意識が働くことによって顕現しているのか?

その違いでしかないからです。 

どちらも創作であり創作作品である、つまり、創造である、ということなのです。




物質世界の常識、つまり、低い周波数にどっぷり嵌っていると、宇宙のすべてが創作であり、創作作品だとは思えないのです。

これは、低い周波数とは、分離の周波数であり、思考停止の周波数だからなのです。




あなたの思考、あなたから湧き出る発想は、あなたの周波数が決めているのです。

周波数によって湧き出る思考は変わる、ということなのです。 

先にあなたの保持している周波数があり、後にその周波数に合致する思考が生まれるのです。




宇宙のすべての創作作品とは、その作り手が、いかなる周波数を保持しているのかによって、その創作作品の違いが生まれるのです。

低い周波数のエネルギー体、意識体、意識存在が、極めて高い周波数の創作作品を創ることは、有り得ない、ということです。




なぜなら、すべての創作作品には、その作り手の波動が宿るからです。

意識が宿るからなのです。

意識とは、意識を創り出しているのです。

ここに宇宙の単純なフォーマットが隠されているのです。




あなたが高次の愛の周波数を奏で、さらなる高みに上ることで、

あなたという人生の創作作品が、さらなる高次の創作作品となっていくのです。




もちろん、物質的な何かを創作しても、

意識的、メンタル的な何か、つまり、サービス等を提供しても、

それは同様であり、あなたの周波数が投影された創作作品の1つなのです。




すべてに意識が宿るのです。

あなたが意識を宿らせているのです。




それこそが、あなたが創造主、根本創造主である証なのです。

そしてあなた自身が、宇宙の愛そのものである証でもあるのですから。




ご愛読頂き、ありがとうございました。

あなたが、ますます愛溢れるエネルギーとなり、
愛溢れる地球にシフトすることを、
心から祝福いたします。

あなたと素晴らしい地球を体験できることが、
とっても嬉しく、とっても幸せです。

あなたに心から感謝しております。
そして、あなたを心から愛してます。

無条件の愛のもとに。
Love you~☆